• 無視は絶対にできない賃貸経営と税金の関係についてまとめたサイト
  • 賃貸経営をお考えの方が無視は絶対にできない賃貸経営と税金の関係についてまとめたサイトとなっております。
  • 賃貸経営

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    賃貸経営の基礎知識として知っておきたい税金面でのあれこれ

    賃貸経営……マンションやアパートを購入して不動産賃貸をしてお金を稼ぐ方法が今、注目されています。実際に賃貸経営をするならば最低限度知っておかなければならない知識や情報はいくつかあります。今回は【賃貸経営の基礎知識として知っておきたい税金面でのあれこれ】についてお話します。ここでは概要を紹介するようにします。個別の事柄については、詳細ページでご紹介します。まずは大雑把な特徴を理解することからスタートしましょう。税金面をいきなり説明しても、なかなか頭に入りにくいからです。

    賃貸経営の基礎知識として知っておきたい税金面でのあれこれ

    ■ 4つの種類がある賃貸経営の税金
    まずは、大きく4つに区分してみましょう。
    (1) 不動産を取得する場合にかかる税金
    具体的には不動産取得税・登録免許税・印紙税があります。
    賃貸経営のオーナーとしてスタートする場合は、アパートやマンションを購入することがあります。そのときに必要なものがこれらの税金です。

    引用文献★賃貸経営 http://www.kenyonpowerboats.com/

    (2) 不動産を所有している場合にかかる税金
    不動産を持っていると納税しなければなりません。マンション経営やアパート経営でなくても個人で持っている場合も必要になるのが固定資産税です。賃貸経営でも固定資産税が必要になります。それ以外に都市計画税があります。都市計画税の説明も別ページで解説します。ここで知っておいて欲しいのは、非住宅用地(駐車場や更地)と比較した場合、マンションやアパートなどの住宅用地は軽減措置が適用されることです。

    (3) 不動産を賃貸した場合にかかる税金
    賃貸経営による家賃収入は不動産所得と見なされます。課税対象になり「所得税」や「住民税」を納付しなければなりません。この納付額をできるだけ押さえて節税したいのです。具体的な確定申告する場合のポイントも詳細ページでは紹介するようにします。

    確定申告も白色申告と青色申告があります。お勧めしたいのは有利な点が多い青色申告です。税制上のメリットをフル活用して無駄な税金を支払わないようにしましょう。

    (4) 不動産を相続した場合にかかる税金
    相続税の特徴として現金や更地の相続よりも不動産である賃貸住宅のほうが有利です。相続という視点からみても節税効果があります。

    ■ 賃貸経営に関わる税金の中で不動産取得の際にかかる税金
    不動産所得税(地方税)・登録免許税(国税)・印紙税(国税)が必要になります。詳細ページでは標準課税価格の税率や知識について解説する予定にしています。

    ■ 賃貸経営で不動産を所有している際に課税される税金
    固定資産税(地方税)・都市計画税(地方税)が必要になります。固定資産税というのは耳馴染みもあるでしょう。都市計画税とは簡単にいいますと地方自治体が都市計画事業の費用に充当するための税金のことです。税率は0.3パーセントを基準にして最終的には自治体が決定します。因みに固定資産税の税率は1.4パーンセントです。こういった税金関係も収支計画をたてるときも考えておかなければなりません。

    ■ 賃貸経営で不動産を賃貸した場合に課税される税金
    こちらのほうでは所得税(国税)と住民税(地方税)があります。何が課税対象になって、節税するにはどのようにすればいいのかとか確定申告で覚えておきたいポイントを詳細ページでは解説しています。

    ■ 賃貸経営で不動産を相続した場合に課税される税金
    相続税(国税)ですが、賃貸経営したほうが節税効果は高い理由を詳細ページでは紹介しています。また、土地を相続する場合の評価額のポイントや建物の相続の場合の評価額のポイントを説明しています。いずれも知っておいて損はない情報になります。